自己紹介

将来に不安を感じるアラフォーサラリーマンです。

こんにちは!兼業トレーダーのアインです!

私は現在、IT関係の仕事をしているサラリーマンです。

具体的な仕事内容は、社内のシステム運用やヘルプデスクをしています。

趣味はゲームと飲みに行くことです。

そんな私ですが、年齢は40歳を超え、中途入社なので、現在の年収は400万円弱しかなく、これといって取り柄もないような人生を歩んでおり、少なからず将来に不安を感じています。

目標は兼業トレーダーで年収1000万円を目指すこと

私の現在の収入は、サラリーマンの年収400万円ほど、FXトレードで年間100万円前後の利益、アフィリエイトブログで年間15万円程度の収入となっております。

私は37歳の時に3年後の40歳までには、年収を1000万円にしようと目標を立てました。

当時、FXトレードがかなり調子が良く、稼げていた時期がありましたので、これはすぐにでも年収1000万円を達成できると思っていました。

FXトレードで貯金を減らす

当時、100万円を元手にFXトレードを始め、2ヶ月後にはとんとん拍子に2倍の200万円に増えていました。

それに気を良くした私は、更に儲けようと取引量を一気に増やしたことが原因で一時期、250万円ほどに

増えた資金を150万円まで減らしてしまいました。

その後は取引量を減らすものの全く勝てなくなり、稼ぐことが出来ない焦りから、また取引量を増やし、更に負けが続き資金を30万円まで減らしてしまいました。

この間、たったの4ヶ月という短い期間の出来事でした。

今、振り返るとFXトレードの知識や心構えが全然無く、初心者がビギナーズラックで儲けていただけでした。

それから1年半ほど、FXトレードから離れることとしました。

アフィリエイターへの挑戦

FXトレードで失敗したことから、次に無料で始められるアフィリエイトで稼ごうと考えました。

アフィリエイトの始め方などの情報はインターネットでいくらでも探せますし、会社は定時退社できる会社ですので、退社後の時間を使い挑戦することを決意しました。

いざ無料ブログサービスに登録して、記事を書き続けていましたが、一向に効果が出ません。

効果が出ないのは当然なのですが、アフィリエイトブログの根本的なことを理解していませんので、効果が出るはずも無く、8ヶ月近く無意味な作業を繰り返していたと気づきました。

もう40歳を超えてしまった・・・

こんなことを続けてきて、収入が増えるところか、逆に貯金を減らしてしまうという悪循環に陥っていました。

こうなった原因は自分にあるので、何か変えないといけないと決心しました。

FXトレードを再度始めるために、いろいろなサイトを研究し、必要であればお金を出して商材やツールを購入してみました。

中には全然お話にならない駄目ツールもありましたし、個人ブロガーの延長くらいの情報しか載っていない情報商材もありました。

しかし、お金を出して購入したことで、本気で取り組まないと元を取れずに損をしてしまうという気持ちになれたことが、FXトレードで後々の成功に繋がっているのだと思います。

努力は報われる?

よく努力は報われるという言葉を耳にします。

確かに私自身もFXトレードで貯金を大きく減らしたような時期から比べると、少なからず勉強をして努力した分、利益が出てきたことは良かったと思います。

またアフィリエイトブログも何も考えずにやっていた頃と比べれば、微々たるものですが、少しずつ利益が出るようになってきたのは事実です。

ただ本当に努力したのか?と言われると、答えはノーだと思います。

私自身、高校、大学受験や部活動など、他に努力してきたことがありますので、それに比べるとFXトレードやアフィリエイトの努力は、その半分程度の努力しかしてないと思います。

では何故、その程度の努力でFXトレードやアフィリエイトで稼げるようになったのか?

ほんの少しのきっかけで変わり始めるんです

現在、インターネットではいろいろな情報が氾濫しています。

その情報は価値のある情報もあれば、まったく意味の無い情報も多くあります。

私自身、運が良かったことは、やはり素晴らしい情報(ブログ)にめぐり会えたことにつきます。

今でもいくつかのブログを教科書代わりとして、読者として読み続けていて、現在、始めに書きました「兼業トレーダーで年収1000万円を目指す」ことを目標に頑張っております。

当サイトに関して

当サイトは、筆者である私の経験則にて、良い情報のみをお届けしていきます。

読者の皆さんには、その情報をもとに自分に合うもの、合わないものを判断していただければと思います。

誰でも出来るとか、必ず儲かる、というような情報には決して手を出さないでほしいのです。

このサイトの情報が皆さんに少しでもお役に立てれば幸いです。

アイン